3Dトリックアート、天井画、壁画制作、ブラックライト、立体造形などアートに関する事すべて任せ下さい!

階段アート

階段は立派な広告媒体です。階段を有効利用してみませんか?

施設別事例検索

アートライフ Facebook

サビ塗装・クラック塗装

建物の壁から什器、家具など塗装できるものにならどのような物にでも施工は可能で、木製の扉を鉄扉が錆び付いたイメージに等の要望にも応えることができます。
また実際に躯体が錆び付いたら支障が起こる場合にもエイジング塗装により錆を再現する事も可能です。
塗装面が劣化し、ひび割れる現象もエイジング塗装により再現することが可能で、錆塗装等との組み合わせで様々な表現が可能になります。

サビ塗装 制作手順

sabi02
今回はサンプルという事で、分かりやすい様にテクスチャーも付け、ハードな雰囲気にしてみました。
ベースはベニア板からのペイントです。
sabi02
塗料に骨材を混ぜ刷毛で叩くように塗ります。
塗り終わると一度乾燥するのを待ちます。
sabi03
乾燥後、3色程度の塗料を混ぜながら刷毛で叩くようにペイントします。スポンジや海綿を使いペイントする事も多いのですが、今回は刷毛のみで仕上げています。
錆の出来上がりです。

クラック塗装 制作手順

sabi04
まずは全体にベース色を塗ります。
何色でもかまわないのですが、上塗りの色と色変化を付けた方がクラックが分かりやすいです。
sabi05
次に透明のクラック塗料を塗ります。
塗布した箇所だけ上塗りの塗膜がクラックをおこします。
sabi06
クラック塗料が乾いたら最終上塗り色でペイント。
上塗り塗料が乾いて行く段階でかってにクラックを
おこしてくれます。
完全に乾くまでは塗料が剥がれやすいので、へら等で塗料を剥がしてやるとより雰囲気が出ます。
sabi07
錆塗装とクラック塗装の応用です。
錆塗装の上にクラック塗料を塗り、上塗りをしています。
下地の鉄板が錆て上塗りの塗料が剥がれ落ちているイメージで表現しました。
このようにストーリ性をつけてやることで、より臨場感が増し、空間に物語が生まれます。